月刊ステレオ クラフト特集号2014年08月22日

1983年から毎年必ず購入してきた月刊ステレオのクラフト特集号だったが今年は買わなかった。
数年前からスピーカーユニットが付録で付くようになり、初めは面白いとも思っていたが、年々価格は上がるし、さすがに毎年になると少々ウンザリ。
本誌は見たいと思うが、付録はいらないし、迷った挙句パスしちゃいました。
例年なら発売後間もなく売り切れになっていたが、今年はいまだにアマゾンでも新品が購入できるようだし、自分と同じように感じている人がいるのではないかな?
これを機会に月刊ステレオも買わなくなってしまうかも。
今のところ「季刊オーディオアクセサリー」は購入しているが、だんだん購入したいと思うオーディオ誌が無くなっていく。
タイトルを見るとオーディオ誌か?という感じだが、一番まじめにオーディオ機器を評価しているのは「MJ無線と実験」なのではないかしら。

音友さん、月刊ステレオの本誌だけ売ってくださ~い。

コメント

_ akanagawa ― 2014年09月03日 21:10

同感ですね。本誌だけでも 1000円前後するのに、オマケ付がゆえに買いにくくなってるのも事実です。
ビニ本ならぬネット本になっていて、立ち読みもできないです。

_ 306 ― 2014年09月03日 22:55

コメントありがとうございます。
もしかすると、本自体の内容が濃くて面白かったら、このような不満は感じないのかもしれないとも思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://audiotech2.asablo.jp/blog/2014/08/22/7419562/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。